アプローチによって変わる転職の方法

IT業界でフリーランスのエンジニアとして働いている場合、仕事の獲得方法としてエージェントに頼る方法と自分で営業を行う方法がある。このどちらを選んだかによって、転職しようと決意したときにの転職方法には違いが生じる。

エージェントに仕事の斡旋を依頼する場合には、担当者に転職したいという意向を伝えると、求人を紹介してもらうことができる。これまでの仕事の経歴をよく理解している担当者から紹介を受けられるため、望み通りの仕事を獲得できる確立が高い。

一方、自分で営業を行ってきた場合にはこのような繋がりを直接利用することはできないが、選択肢が豊富という点では優れている。仕事を多数担ってきた企業がある場合には、そこに相談に行くと採用してもらえる場合もある。

基本的な転職方法は求人への応募になるが、その際に転職エージェントを頼ることもできる。
また、十分に経験を積んでいる場合には、スカウト募集をかけるという選択肢も選べるようになっている。
仕事の獲得方法としてエージェントを活用してきた場合にもこのような方法を選ぶことは可能だが、簡便さからそのままエージェントに任せてしまうことが多い。しかし、それが原因で将来的な転職先の幅を狭めてしまうリスクもあるため注意が必要である。

エージェントを活用してきた場合であっても、自分で求人を探したり、スカウト募集をかけてみたりする方法を考慮することも大切になる。