ニーズを把握して仕事を獲得する

IT業界で働くエンジニアにはそれぞれに個性があり、現場でのニーズとマッチすることによって活躍できるようになる。業界でどのような人材が必要とされているかを把握することは、仕事の獲得方法の基礎として覚えておかなければならない。

時代によってフリーランスのエンジニアのニーズは変化しているが、共通しているのは他に習得者があまりいないスキルを身に付けていることである。
Javaがネットワークプログラミングの主要言語になって久しく、Javaを自在に使いこなせるだけで重宝される人材になることができる。
少し前であれば、Javaについて少し知っているだけで仕事を手に入れることができる状況があった。しかし、その人気の上昇によって徐々にJavaだけでは仕事を獲得できなくなっていくことは明らかである。
このように、刻々とスキルへの要求は変化していくため、ニーズを把握して適したスキルを身に付けることが肝心になる。

一方、フリーランスの人材として、人格は常に要求されている。
親しみやすい人格を持っていることは採用を大きく左右する要素であり、人格を磨くことは仕事の獲得方法として重要である。時代が変わっても、常に役立つ能力として初期から磨き続けていくことが必須になる。
フリーランスの仕事は新たな現場に速やかに慣れることから始まることが多く、職場から受け入れられるような人格者であることがエンジニアに求められている。