単価設定に苦労する

フリーランスのエンジニアは、自分で仕事を獲得する必要がある。そのためには実績と信用を積み重ねる必要があるが、どのように仕事を獲得するかが重要になる。

独立して間もない頃は、まず実績作りが必要になる。そのためにはジャンルを問わず、安い単価の仕事を獲得することが大切である。
多くが入札方式となるので、他のエンジニアよりも安い価格提示を行い、数多くの仕事をこなすことになる。そのうちに単価の高い仕事を探すことになるが、どのようなタイミングで単価を上げるのかが課題になる。
その頃には直接クライアントから仕事を得ることもできるようになるが、単価アップを切り出すのが難しい。下手をすれば、仕事を失うのではないかという不安があるからである。

また自分のキャリアを明確にしたスキル磨きも必要になる。将来はどんなキャリアを目指すのかを明確にしなければ、どのようなスキルを向上させれば良いのかが分からないものである。

このようにフリーランスとなると、全てにおいて自主的に自分の進むべき道を自分で切り開くことが必要となる。その点において苦労するエンジニアは多く、再び会社員として転職するケースも見られる。
自分の将来像を描き、そのための仕事を選んで単価を上げていくことが重要と言える。
そのためには、常に自分なりの仕事の獲得方法を模索し定めることが必要だ。クライアントを探し、自身の活動内容を発信することで依頼を受けるようにすることも大切である。